緑々暮らし、ブログ新設

本や映画の話題は以下のブログに引っ越しました。
これからもよろしくお願いします!

緑々暮らし → http://blog.ao-ao.net/

「凍」(沢木耕太郎著)

凍
(2005/09/29)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る

この本は、2002年、山野井泰史さん・妙子さん夫妻のヒマラヤ・ギャチュンカン(7、592m)からの奇跡の生還を描いています。

山野井泰史さんは、名だたる世界の高峰・岩壁を単独、無酸素で登攀する、いわゆる「ソロ」を得意とするクライマー、妙子さんも「世界でも最も才能のある女性クライマー」と評されるほどの方です。この本は、そんな「山・岩壁に登ること=全身で生きることを実感すること」の魅力に取り付かれた二人の壮絶な記録、です。(以下、ネタバレあり)


なんという山への情熱でしょう。奥多摩の古民家で、ただ山に登ることだけを考え、日々体を鍛え、費用を貯めるための倹約生活を送る二人。でも、一旦登り始めると全ての感覚と英知を働かせ渾身の力を振り絞ってただひたすら登る、上へ上へ・・・生きるか死ぬか・・・、厳しい自然と向き合って、生きることを求める姿が感動的です。英雄的な扱いや地位も名誉とも一切無縁、8,000mにも満たず、世界からも注目されることのないギャチュンカンをなぜ選んだのか、という経緯でもそのことがよくわかります。ただ山が好き、楽しいからつづける、と言ってのける純粋さ。。。

ギャチュンカンでは山野井さん一人登頂したものの、下山はさらなる困難が待ち受けます。雪崩で妙子さんが滑落。ロープ一本でつながれて、妙子さんの命は助かったものの、身動きができない状態に。山野井さんは、低酸素の影響で目が見えなくなり、凍傷で感覚がなくなった指で岩を探り、妙子さんを助け出します。その後も、寒さと疲労で死と直面した危機が続き、命が消えゆく感覚に何度か襲われながら、無事に生還。その描写の壮絶さに何度も慟哭してしまいました。

この本にはまた、山野井さんと交流のある世界のクライマー達の登攀に対するそれぞれの考え方、TVクルー動向の登攀について、登山時におけるごみ問題などなど・・・今どきのクライミング事情もわかる内容になっていて興味深く読みすすめることができます。

それにしても、私が一番驚いたのは妙子さんのこと。すでに手の指は第二関節から全てなく、足の指は2本のみ。そしてギャチュンカン登攀後、手の指全て失い、手のひらだけという状態に。(山野井さんは手の指5本、足5本を失ってしまう。。。)尋常ではない状態なのに、弱音を吐かず、他者への気遣いや優しさを忘れない・・・この本にはそんな妙子さんの強さ、冷静さ、優しさ、おおらかさがよくわかる逸話がたくさん描かれています。

・・・なにがあっても山をあきらめない二人。
遠く山を見つめる二人の姿が目に浮かびます。


お二人の様子は、昨年放送されたNHK「白夜の大岩壁に挑む~クライマー 山野井夫妻」で目にして以来、感動して気になって気になってしょうがない存在になりました。ここにも縁あって結ばれた夫婦二人、登攀中だけでなく、山を降りての助け合う奥多摩での暮らしががほほえましく描かれています。

白夜の大岩壁に挑む―クライマー山野井夫妻白夜の大岩壁に挑む―クライマー山野井夫妻
(2008/01)
NHK取材班

商品詳細を見る


昨年の夏、山野井さんが、奥多摩をジョギング中に熊に襲われ、顔・腕を噛まれて重症というニュースが飛び込んできました。命は助かった、とはいえ、とても心配していましたが、今年の1月の再放送時に元気で療養中のお姿を映像で拝見(お顔は少し腫れあがっていましたが)でき、ホッとしたのでした。きっと、どんなことがあっても熱い山への情熱が消えることはないんだろうな~

いつまでも楽しい山行きを・・・と願うばかりです。

「アフリカ日和」&「カンガに魅せられて」

昨日取り上げた3冊とはうって変わり、アフリカの暮らしが垣間見える2冊です。


「アフリカ日和」
アフリカ日和アフリカ日和
(2000/06)
早川 千晶

商品詳細を見る


アフリカの旅行会社に9年間勤務し、その間にアフリカのケニア人と結婚してケニアに住むことになった著者の日々の暮らしから、ケニア社会を見つめた本です。

著者がアフリカを案内する旅行会社に勤めている時、ケニアは、「ほんとうにいいところ」「きれい」「いっぱい」など、観光客のだれもが発する賛辞に接し、自分も「そう、いいところ」と伝えて何の疑いも持たなかったことがあったそうです。

けれども、暮らしていくうち、あるときから著者はその賛辞に違和感を覚え、ほんとうのアフリカ、ケニア社会の不条理、決して恵まれているとは思えない現実を伝えていかなければと思うようになっていった、と語っています。
生活者の視点でアフリカの本来の姿、今を伝えていこうと著者の正直な思いが伝わってくる一冊でした。

数年前、話題にもなったマサイ人と結婚をした女性(北九州市戸畑区出身)との結婚前のエピソードも出てきます。

いろんな問題を抱えているケニア、でもそのケニアを愛してやまない著者の思いが伝わってきます。

この本は、親しくさせていただいている方からお借りした本。
薦めていただいて感謝!です。


「カンガに魅せられて」
カンガに魅せられて―東アフリカの魔法の布カンガに魅せられて―東アフリカの魔法の布
(1998/07)
織本 知英子

商品詳細を見る


楽しく勇気づけられる本でした。

東アフリカ、ケニア、タンザニアのあちこちに見られるカンガ姿の女性。

カンガとは・・・
  東アフリカの女性達に愛されている民族衣装。アフリカ独特の柄模様と
  鮮やかな色合いの一枚布のこと。女性達はその布を腰に巻いたり、頭に
  巻いたりしてオシャレを楽しんでいます。衣類としてだけでなく、子供を
  背負う時に使ったり、風呂敷のようにして使ったりもする生活の布のこと。
  「カンガ・セイイング」と呼ばれるアフリカ古来のことわざやメッセージが
  スワヒリ語で描かれているのが特徴。サイズは約160×110センチ。

この本は、そのカンガに魅せられた一人の女性が、「カンガ・マジック101」という本に出会い、翻訳して、なんとかして日本に紹介しようとする奮闘記です。
いきなり本を翻訳・発行したものの、版権をとるすべも知らず、、売りさばくあてもなく在庫を抱え、注文したカンガが届かず途方にくれる姿、等々・・・カンガを通じてアフリカを知って欲しい、という夢に向かって、さまざまな困難に立ち向かう姿が等身大で描かれています。前向きな著者の性格なのか、苦労話をも豪快に笑い飛ばす抱腹絶倒の顛末記になっています。

今でもその情熱は冷めることのない著者。
その活動をホームページで確認し、いつかお会いしてみたいとの夢を抱いています。


私もカンガに魅せられたうちの一人。
タンザニアでも、あちこちでその素敵な布を巻いた姿に触れると、欲しくてたまらなくなりました。
残念なことに買物にあてられた日は日曜日でマーケットは閉店。それでも開いていた店でありったけ(といっても5,6枚)のカンガを買占めて帰りました。

これが私のカンガコレクション。カンガ・セイイング、読めません。
カンガ


「アフリカ・レポート」の衝撃

タンザニア、キリマンジャロ登山以来、アフリカ熱にかかってしまっています。
 ⇒ポレポレ(ゆっくり)キリマンジャロ登山記録、更新中

今回の旅には、キリマンジャロへ、という大きな目的があったので、事前に集めたのは登山の情報ばかり。文化や歴史は二の次で、ほとんど調べないまま行ってしまいました。

訪れた東アフリカの国、タンザニアの広大な自然、ゆったりとした街の雰囲気、色とりどりのカンガに包まれて歩く女性たち、陽気におしゃべりする人々、独特の絵画や彫刻など、異文化に触れ、たちまち虜になってしまいました。

人々も平和にのんびりと暮らしているようには見えたのですが、
ほんとうにそうなのか?

ニュースで目にするアフリカの光景といえば・・・
貧困、飢餓、スラム、環境破壊、部族間闘争、難民、ストリートチルドレンなど
悲惨なことばかり。
アフリカと一言で言っても54カ国。ほんの片隅を垣間見たに過ぎないのでは。。。

アフリカにはいったいどんな国々があり、どんな人々が生活しているのか?
今、何が起き、どんな問題を抱えているのか?
私達が見たアフリカは?タンザニアは?あの豊かな大自然は?フェアトレードの意義は?
旅の後、疑問ばかりが生まれ、もっともっと知りたくなりました。

まずはいろんな本で調べてみました。  


「アフリカ・レポート」
 
アフリカ・レポート―壊れる国、生きる人々 (岩波新書)アフリカ・レポート―壊れる国、生きる人々 (岩波新書)
(2008/08)
松本 仁一

商品詳細を見る
1960年代、植民地という長い抑圧から独立し、豊かな自然とともに明るい未来へ旅立つはずだったアフリカだが・・・

今、アフリカの多くの国では、国家権力を握ったアフリカ人リーダーたちによって国民無視の利権争いが行われ、政治は腐敗しているという。豊かな資源をめぐる利益のほとんどが少数の指導者の手に渡り、「植民地時代よりもひどくなった」と言われるほど、多くの人々が飢えや貧困で苦しんでいること。日本などからの海外援助も苦しむ人々の手に渡らず、指導者の私服をこやす一端を担っていること。。。驚くべき実態を生の現地レポートで伝えています。
今のアフリカ社会の構造をきちんと理解できる内容です。読後、頭をかかえてしまうほど衝撃をうけました。

本日付(2009/2/17)の朝日新聞にも、「ジンバブエ大統領ムガベ(84歳)夫妻が香港に4億8千万円の豪邸」との記事が。
国内インフレ率は2億3千万%(天文学的高騰です!)、食糧不足で国民は苦しみあえいでいる・・・いったいいつまで続くんでしょう。


「カラシニコフⅠ」
カラシニコフ I (朝日文庫)カラシニコフ I (朝日文庫)
(2008/07/04)
松本 仁一

商品詳細を見る


ある一人のソビエト人が、自国の平和のためにと開発した自動小銃カラシニコフ。軽くて操作も簡単、故障も少なく子供でも扱うことができる、という特徴からたちまち世界中の紛争地でつかわれるようになっていく恐ろしさ。
今、世界中にはおよそ一億丁あるとも言われているカラシニコフにかかわった民間兵士達の実態から軍需産業までわかりやすく伝えるルポ・ルタージュです。
銃のことなんてまったく興味がなかったので、正直いって手にした時はやめておこうかなと思いました。
このような切り口で紛争地域の実態を知ることになるとは・・・目からうろこが落ちる気分でした。
「カラシニコフⅡ」は未読。これからアタックします。


「アフリカを食べる/アフリカで寝る」
アフリカを食べる/アフリカで寝る (朝日文庫 ま 16-5)アフリカを食べる/アフリカで寝る (朝日文庫 ま 16-5)
(2008/11/07)
松本 仁一

商品詳細を見る


羽アリ、イボ虫、カメムシ、バッタ、羊の目玉・・・ゲテモノ好きのためのレポートみたいですが、この本はちがいます。
「食べる」編では、アフリカを知るにはアフリカでなぜそれらが食べられているのか知るに限る、と全て理由があること、全てめぐみであることが綴られています。
「寝る」編では、設備の整ったホテルを使わず、野宿をしたり木賃宿に泊ったりして、蚊やダニ、時には体を売る女性達と遭遇しながらさまざまな国の諸問題を浮き彫りにしていきます。

前出2冊の著者のルポが、きれいごとで語られているのではない、かかわったアフリカ人たちと寝食を共にした体当たりルポだったことを実感しました。
私も体験してみたいなんて、できもしない夢を抱いてみたり。。。


つづく

映画「懺悔」

2月2日(月)、神保町「岩波ホール」でソビエト(グルジア)映画の「懺悔」(1984年)を鑑賞。

旧ソビエト、スターリン体制時代の粛清を告発した映画で、1986年以降のペレストロイカ(改革)、グラスノースチ(自由言論)の時代の象徴的な映画と言われているそうです。

ストーリーは・・・(以下ネタバレあり)

あるまちの市長が死んだ。が、その遺体が繰り返し掘り返され自宅に届けられる、という恐ろしくも不思議な出来事が続く。いったい誰が・・・ある女性が捕らえられ、裁判にかけられる。女性は「自分が生きているうちは墓では眠らせない」と訴え、彼女の回想が始まる。そうして長く独裁者であった市長とその時代の不条理が次々に語られていく。

真夜中のノックによる突然の逮捕、粛清裁判、恐怖から大仰な言い逃れを考え救いを求める人・・・。
独裁者の暴挙、当時の人々の抑圧と恐怖、無力さ、悲しくもおかしい人間の愚かな行為が次から次に、皮肉たっぷりにユーモアを交えながら寓話的に描かれていきます。その当時の事実に基づいているであろうと思われる場面もあって、観ていてとてもやりきれない気持ちになることも。

映画は、市長の暴挙を告発するだけでなく、その後の家族、その時代が終わりを遂げた後の家族の姿をも描きます。
女性の証言が正しいと認め、情緒不安定になり自殺してしまう孫。その後、その父親(=市長の息子)自ら、市長の遺体を掘り起こし、丘の上から投げ捨てる。いったいこれからどう生きていけばよいのか・・・

特にラストシーンは余韻を残します。
老婆が市長の名前がつけられた通りを指し「教会に行くにはこの道でいいのですか?」と尋ねる。通じていないとわかると「教会に通じていない道が何の役に立つのですか?」とつぶやき、幕を閉じる。
「いったいこの先、この国は、この世界はどこにいくのか?」と思わせる象徴的な場面に思えました。

映画にこめられているメッセージが普遍的なものであるためかとても25年前に作られたものとは思えず。。。俳優達(特に主演のアフタンディル・マハラゼ)の怪演もあって忘れられない映画になりそうです。



「懺悔」1984年、ソビエト(グルジア映画)
監督/テンギス・アブラゼ
主演/アフタンディル・マハラゼ
公式HP/http://www.zaziefilms.com/zange/
1987年カンヌ国際映画祭
審査員特別大賞・国際批評家連盟賞・キリスト教審査員賞

神田神保町 古書店めぐり

東京では少し時間をとって、神田神保町の古書店街をめぐりました。
時間がいくらあっても足りない街です。

新しい感覚がした古書店
神保町

古美術・骨董専門
神保町

本ではなく、画材や文房具の老舗「文房堂」
神保町

古書めぐりの後は、老舗珈琲屋「さぼうる」へ。
神保町

時代を感じる和洋民芸品が店内にいっぱい、お客さんもいっぱい。木の椅子がおしりにしっくりあって、座り心地もよくついつい長居。分煙にはなっていないのがちょっとザンネンでした。

「COW BOOKS」カウ・ブックス

暮らしの手帖社(グリーンショップ)へ行ったのなら、次は古書店「COW BOOKS」へ行って見ねばなりませぬ。

「わたしたちは、世界中の素晴らしい本を通して、「自由」というあかりを集めていくことを目指します。そして、そのあかりで未来を照らす本屋でありたいと思います。」(COW BOOKS HPより)

気になるメッセージです。

こじゃれたカフェやブティックが数々存在する目黒川沿い。
古本屋・・・には見えない、何かが違う。
cow books

COW BOOKS独自のセレクトとはいえ、珍本、奇本ばかりが置いてあるだけではないし・・・

同じ本なのにこの洗練された雰囲気はなんだろうと・・・

古いけど新しい本に巡り会えたといった気がしてしまう不思議な空間。

「あっ、これこれ」、といつか手に取ってみたかった、自分の深層心理にずっとあったような本ばかりが並べられている気がしてきて、どれもパラパラめくらずにはいられなくなる。

ひっきりなしに人が出入りして、狭い店内はいつもいっぱい。

コーヒーを片手に背表紙を見て楽しむ男子もいたりして・・・
みんなのんびり楽しんでいました。
cow books

スタンプも・・・押さずにはいられない。
cow books


お気に入りの本とともに、ちょっぴり「自由」を手に入れた気分になれたのでした。

グリーンショップ(暮らしの手帖社)

20代の頃から好きだった雑誌「暮らしの手帖」。

「暮らしの手帖」は、名物編集長であり稀代のジャーナリストであった花森安治さんのもと、「暮らしを大切にすることを通じて、戦争のない平和な世の中にしたい」、と一貫して読者(=庶民)の視点に立って発行されていた生活雑誌です。

全ページ縦書き、広告なし。「商品テスト」や「すてきなあなたに」といった記事やコラムが充実していて読み応えのある、魅力的な雑誌の一つでした。

花森さん亡き後、意志を受け継ぐ形で雑誌は出版され続けていたのですが。。。次第に読者層の高齢化とともに病気や年金といった記事が多くなり、若者層が離れていくことになったとか。最盛期には100万部を超えていた部数が数年前は約10万部までに減っていたそう。

その暮らしの手帖社が3年前、巻き返しを図ろうと、新たに編集長に迎えたのは、古書店COW BOOKSのオーナーであり、文筆家でもある松浦弥太郎さん。独自の生活スタイルを持っている方でひそかに注目してました。

最低で最高の本屋 (仕事と生活ライブラリー)最低で最高の本屋 (仕事と生活ライブラリー)
(2003/02)
松浦 弥太郎

商品詳細を見る


松浦さん自身がファンであった「暮らしの手帖」の低迷について、あるところで問題提起されたことが関係者の目に留まり、では編集長に、とお声がかかったそうです。すごい、運命。

就任されて3年、最近の発行部数は順調に伸びているようです。
最初はあまり気づかなかったのですが、徐々に新しい目線が取り入れられて、以前との違いが感じられるようになりました。

今まで築かれた伝統のどこを変えずに、どこを変えていくのか、毎号目が離せなくなっています。

暮らしの手帖社、一度は訪れてみたい・・・ビジネスではありそうもないので、併設されている通販会社グリーンショップ(どなたでも入れます)に今回は足を運びました。

場所は西新宿の閑静な住宅街。3階建てのこじんまりとしたビル。ムダなものがない。。。
暮らしの手帖社


1階のドアを開けて入ると、「一銭五厘の旗」が掲げられていました。
一銭五厘とは赤紙の葉書の値段。戦時中は、一銭五厘で否応なく召集され、いくらでも兵隊(命)の代わりはいると言われていました。花森さんは一銭五厘=庶民であるとし、民主主義とは?企業のあり方とは?と投げかけました。
「・・・今度こそ言う ぼくらは言う 困ることを困るとはっきり言う・・・」(「見よ ぼくら一銭五厘の旗」より)
その精神を忘れるまい・・・ということでしょうか。
暮らしの手帖社

静かにデスクワークに集中している女性が3人、その一室の半分がグリーンショップでした。
表紙や文字のデザイン、カットまでも手がけた花森さん。商品にもそのカットが使われています。
暮らしの手帖社

カタログ中、一番気になっていたミコラさんの椅子。やはり座り心地がよかった。。。
暮らしの手帖社

ひとつひとつのデザインや品質に独自のこだわりがあるものばかり。重さや手触りをじっくりと試して大満足。
ちょっとお値段は高めなのでなかなか手が出ませんが、少しづつ揃えて一生ものにしていきたい。
暮らしの手帖社

隣の部屋から聞こえてくる男性の声はもしかして松浦編集長・・・?と一ファンにとって、妄想が妄想を呼ぶ時間となりました。



暮しの手帖 2009年 02月号 [雑誌]暮しの手帖 2009年 02月号 [雑誌]
(2009/01/24)
不明

商品詳細を見る





プロフィール

lifetime・・・

Author:lifetime・・・
一生もんshop緑々あおあお

店主blog
Facebook
twitter

****************************

〒802-0002
北九州市小倉北区京町4-4-17-1 地図
tel&fax 093-533-0533
http://www.ao-ao.net
open 10:30-18:30ごろ
火・第1水休

天然酵母パンの日
2/4(土)18(土)12時 涵養堂
2/11(土)25(土)11時 ちまちま
2/16(木)12時 工房日々く

有機野菜の日
※金曜日15時入荷

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する