雑穀料理三昧

先週、とにかく雑穀料理を作ろうと、毎夕3品ほど食卓に並べることを課題にして、集中訓練?してみました。

今回、参考にした松田美智子先生のレシピで使う雑穀は、“ゆでる”だけ。

雑穀をさっと水にくぐらせる⇒沸騰したお湯で茹でる⇒ザルにあげて水を切る⇒料理に使う

これが基本。

ゆで時間は粒の小さいキビやアワなどは5~7分程度、比較的大きなハト麦や高キビなどは10~15分程度。時々粒の硬さを確かめながら茹でれば、失敗することはなく、コツさえ覚えれば簡単。

雑穀は、下準備が大変そう、炊き方も面倒くさそう、この壁を早く打ち破らねば・・・
と思っていたのに、なーんだ、それででいいんだぁ~

この特訓で、ひとつハードルを乗り越えた気分、ちょっと収穫なのでした。

雑穀だいすき!―小粒でパワフル、おいしいレシピ81品雑穀だいすき!―小粒でパワフル、おいしいレシピ81品
(2008/03)
松田 美智子日本雑穀協会

商品詳細を見る


■高キビと黒米のハンバーグ
高キビと黒米は30分程度浸水した後、ゆでる作業は同じ。ねばりがでるのでつなぎは不要。粒々と噛みごたえ、食べごたえも充分。
きびハンバーグ

■ヒエとじゃがいものグラタン
ヒエは水にくぐらせただけのものを使用。ヒエが牛乳を吸って柔らかくなり、美味しく食べられます。焦げているのはアンチョビ。
ひえとじゃがいものグラタン

■押麦のサラダ
食物繊維いっぱいの押麦をたっぷり。ライスサラダ感覚で。
押麦サラダ

■ハト麦、もちキビ、アボカド、ゴボウの野菜炒め
基本のかぶをゴボウにして作ってみました。アボカド、パルミジャーノチーズのコクがワインにピッタリ!
はと麦、もちきび、アボカドの野菜炒め

■ヒエ、アワとピーマンのきんぴら
酒、砂糖、醤油を使ったきんぴららしい味付けの一品。雑穀が汁気を吸って絡みつくので意外や食べやすい。
ひえ・あわとピーマンキンピラ

■玄米と長芋のきんぴら
長芋と茹でた玄米を炒める・・・なんて初めての体験。相性抜群の梅を使用。味付けも酸っぱくしてキンピラとは思えない一品
長芋と玄米のきんぴら

きんぴらは、そのほかにも「ハト麦とインゲン」、「もちキビとごぼう」、「押麦とれんこん」、「玄米と大根」、「ハト麦と里芋」、「押麦とセロリ」を作りました。
中華、エスニック、イタリアン・・・と味付けもさまざま。同じキンピラでも変化があって、一週間はにぎやかな食卓になりました。

今回は無理やり旬ではない野菜も使ったけれど、旬の野菜と雑穀の組み合わせでアレンジすれば献立で悩むこともなくなりそう。

雑穀強化週間、またいつかやってみよう。


雑穀レシピ キンピラ2品

「雑穀アドバイザー」の調理実習で習った松田美智子先生のレシピ2品を作ってみました。

「ハトムギと里芋のキンピラ」
松田先生の『雑穀だいすき!』の表紙の一品。里芋を棒状に切って炒めたことなんてないから、柔らかいのがあったり芯が残っていたり。。。炒め加減が難しい。里芋のぬるぬるでハトムギかからむので思ったほど食べにくくないのです。
雑穀

ハトムギの特徴:
漢方の生薬名はヨクイニン。美肌効果、新陳代謝促進、利尿作用、解毒作用があってリューマチや神経痛に効果ありと言われている。

「玄米と大根のキンピラ」
玄米ごはんはちょっと食べづらいという方にオススメ。仕上げのナンプラーがいい仕事してます。調理実習で習ってお気に入りに。ちょっと豆板醤を入れすぎたか、、、まっ赤になっちゃいました。

玄米と大根のキンピラ

穀類の栄養分は糠層に多く含まれています。なるべく精白しないで食べるかもしくは、七分や五分づき米で食べるようにしたいものです。


雑穀だいすき!―小粒でパワフル、おいしいレシピ81品雑穀だいすき!―小粒でパワフル、おいしいレシピ81品
(2008/03)
松田 美智子日本雑穀協会

商品詳細を見る


雑穀入手!

大好きな雑穀を気軽に料理に使いたいなぁと思っても、手に入れるだけでもなかなか大変。国産であればなおのこと。

地元福岡や大分の私がよく行く産直所などでは、黒米や赤米などは結構手に入るのですが、国産のアワやキビなどは見たことがないし、スーパーに並んでいるのは値段が高い上、少量パックなので雑穀料理を作ってもあっという間になくなってしまう。
まだまだマイナーな雑穀であることを実感してしまいます。

やはりネットで手に入れるしかないかと、あれこれ探していたら、長崎県で米穀店を営まれている雑穀エキスパートさんのオンラインショップを発見!田中米穀店さんです。

HPやブログで栄養やレシピなど雑穀やお米にまつわるあれこれがとても詳しく紹介されていてとてもわかりやすいし、ご自身で雑穀をプランターで栽培されたりしてアクティブですね~。
んー頭が下がります。

取り扱っているのはもちろん国産。kg単位で販売しているし、お値段も手ごろ。さっそく数種類注文しました。
やはり粒が揃ってて綺麗です。見ているだけでシアワセ .*:。.:*

雑穀
おまけに八穀雑穀米が。

雑穀



「田中米穀店」
http://tanakakomeya.com/index.html

ぼちぼちと雑穀ライフ

雑穀ご飯を毎日食べるようになってかれこれ5年たつだろうか。

粒粒、ごわごわっとした食感が好きなことと、何より美味しい(嫌いな人も多いけど。。。)、さらにおなかの調子もいい気がして今では欠かせなくなり、産直所などで黒米、赤米、そば米や麦などの雑穀を見つけると買い込んで自分で好きなだけブレンドして混ぜたりして使っています。

そんな雑穀好きが高じて、昨年夏に「雑穀エキスパート」なる資格を取得し、また現在は「雑穀アドバイザー」にチャレンジ中なのです。

「雑穀エキスパート」とは、日本で古くから食され栄養価も高く健康維持に役立つ雑穀を普及させようと日本雑穀協会が始めた資格で、雑穀の特徴、栄養面、健康面などの幅広い知識の習得し、 日常生活や仕事に活かしたい方のための資格です。
その後、さらに雑穀のスペシャリストである「雑穀アドバイザー」、プロフェッショナルである「雑穀クリエイター」が用意されてます。

その講座を受けてみて。。。

健康・美容効果だけが期待されているような雑穀ですが、実はとても奥深い歴史や文化的背景を有しており、雑穀が食と農を考える上でもとても重要な産物だということを教えてくれます。講座では、雑穀を数十年も栽培して研究されている大学教授や生産者の方の貴重な講義を通して体系的に学ぶことができます。雑穀に関する知識だけでなく食べ物(生き物)全般について、食についてあらためて考えされられ、日々生活するうえで大変役立っています。その魅力を伝えようとしている協会の皆さま方の熱気あふれる講義に思わず夢中になっちゃいました。
エキスパートもアドバイザーも講義日数はとても短い中、私にとっては消化できないくらいの濃くて有意義な内容でした。
わざわざ高い旅費を出し受講した甲斐あり、かな。

ご飯に混ぜるだけでなく、サラダやハンバーグなどいろんな料理に使うレシピも習って、料理のレパートリーも広がりそう。

とはいえ、なかなか手に入れにくい雑穀ではあります。
ぼちぼちと雑穀ライフ楽しみます。


先日の、雑穀アドバイザー講座では2日間で計8品、教わりました。
雑穀料理

プロフィール

lifetime・・・

Author:lifetime・・・
一生もんshop緑々あおあお

店主blog
Facebook
twitter

****************************

〒802-0002
北九州市小倉北区京町4-4-17-1 地図
tel&fax 093-533-0533
http://www.ao-ao.net
open 10:30-18:30ごろ
火・第1水休

天然酵母パンの日

8月はお休みです。


有機野菜の日
※毎週金曜日15時入荷(予定)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する