ホームベーカリーで米粉パン

雑穀やお米にめちゃめちゃ詳しい(だってお米屋さん)おはじきさんのレシピで米粉パンを焼きました。
ホームベーカリー製です。

上部がなぜか白くて焼けていなさそう。おはじきさんのはふっくら膨らんでいたのに私のはほとんど膨らみませんでした。。。

でも、どっしり重い。これは期待!
米粉パン

つやつや、しっとり、もちもち!旨い!またまたじがじさ~ん!
米粉パン

なぜ膨らまなかったのか、白いのか、と課題は残りましたが、まずまずの出来ではないでしょうかぁ。ちまたで人気の米粉パン、私にもできました!

まさかお米がこんな形で味わえるなんて、数年前まで考えてもみなかったこと。他のレシピでもためしてお米をもっと楽しもうと思います。雑穀混ぜるとどうなるかな~



春の味覚

蕗や筍・・・八百屋さんには、この時期ならではのものが並び、見ているだけで楽しい。

1mはあろうかと思われる蕗が出ていたのでさっそく料理。
蕗

巨大な葉っぱは佃煮に。酒のつまみにサイコー、苦味がなんともいえず・・・
蕗

風味を損なわないように、アゲと一緒にあっさり煮。
蕗

タケノコも。
筍
若竹煮、木の芽和え、筍ご飯・・・さて何をつくろうかな~




古民家蘇生工房(小倉南区)

今日は古い板と扉を探すために、ある方に紹介していただき、小倉南区にある
古民家蘇生工房」へお邪魔しました。

古民家蘇生工房

のどかな田園風景の中のこの工房には、宝物!がいっぱい。
古民家蘇生工房


こんな古い材木も。。。
古民家蘇生工房

傷んだところや虫食いの跡を取り除けば立派な材木として甦ります。
古民家蘇生工房

工房内にある作業場には江戸時代の古木もぎっしり。
傷んだ部分はきれいに継いで修復されます。継ぎ目がぴったりの職人技!
古民家蘇生工房

年輪が詰まっている木は東北・北陸地方に多く、丈夫な材木になるらしいです。
古民家蘇生工房

材木だけでなく、古い扉も見せていただきました。
合板と違い、丈夫な木が使われているので長く使うことができるそうです。
どっしりとした落ち着き、年月を感じさせます。
古民家蘇生工房

ここは工房内のギャラリー。カフェに間違われるそうです。無理もない・・・
古民家蘇生工房

ギャラリー内には薪ストーブが3台も。
壁に埋め込まれた瓦は装飾?いえいえ、ストーブで暖められた瓦が熱を溜め込み、保温に一役買っているそうです。なるほど~
古民家蘇生工房

今回がはじめての訪問にもかかわらず、Y社長にとても丁寧に工房の案内をしていただきました。
Y社長は、ハウスメーカーで働いていた時に現代の家づくりに疑問を持ち、自分で作ることに携わり、好きな古民家を仕事にしたいと思われ、この事業を始められたそうです。短い時間でしたが、木の話、古民家の話、古材を使ったアイデアや夢をたくさん聞かせていただきました。日本の古材と西洋アンティークのステンドグラスやタイルを組み合わせ新しい古民家として再生するアイデアなど豊富にお持ちのようです。古民家には昔ながらの日本人の美や知恵がたくさん、更には、たくさんの可能性も秘められている。。。興味深々です。

古木探しに行ったものの、社長のお話で大満足。古民家について語る目が優しく、楽しくてたまらない、って感じでした。

ちまたには、古民家風のオシャレなカフェやレストランも増え、ちょっとしたブームに。そんな古民家の生い立ちや人と自然の生業をここでちょっぴり学んだような気がします。

古民家で暮らしたい方、あこがれている方、必見。
もちろん、そうでない方にもオススメです!


☆この工房から生まれる素敵な古民家はぜひHPでご覧下さい。
 工房へは事前連絡してからが行くほうがよいと思われます。

さくら吹雪

どこを見てもさくらさくら・・・

よく見ると種類が違う。こちらは八重のよう。
さくら

こっちは白。
さくら

さくら吹雪の中、お宮参りのご一行に遭遇。なんとも幸せそう♪
さくら

4月の雪(久住中岳)

4月2日は久しぶりに山登りをしました。
登ったのは九重連山の最高峰、中岳(1,791m)。

今回の見所はなんといっても前日の寒波がもたらした雪。
全く予測していなかったのですが・・・

右端が久住山、真ん中の最奥に見えるのが中岳です。
くじゅう

雪の芸術作品を堪能。
くじゅう

咲き始めの馬酔木も・・・
くじゅう

くじゅう
あちこち、わー、きゃーと見ているうちに頂上へ到着。
寒さはきびしかったのですが、いつもより疲れが少なく感じるから不思議です。

中岳山頂でホワイトお父さん発見!
さくらちゃん
いえいえ・・・大阪からやってきたお父さんと一緒に登ってきたさくらちゃん(♀)です。あまりのかわいさにパチリ♪
お父さんは、全国の山々を登って回っているそうです。そんなお父さんがガスなどに巻かれて道に迷っても、さくらちゃんがちゃんと来た道を覚えていて、何度も助けられたとか。。。一人旅のお父さんにはさくらちゃんは欠かせない存在、らしいです。
やるね、さくらちゃん!


4月2日、桜の花見日和ならぬ雪見日和になりました。

<コースタイム>
9:20赤川駐車場~11:10扇が鼻~12:10避難小屋(昼食)~13:25中岳~
~14:00神明水~16:10赤川駐車場

bambino(ばんびーの)

今日は足を延ばして宗像市にあるバス停カフェ「bambino」へ。
バス停の前にあるからバス停カフェ。なるほど。

バンビーノ

中に入ると古いテーブルや椅子、小物がセンスよく配置されていました。

バレリーナがちょこん☆。...*・゛☆。...*
バンビーノ

メニューはどれも美味しそう。。。迷ったあげくニョッキプレート&コーヒーを注文。
濃厚なチーズクリーム。。。ワインにあいそう。。。
bambino

ベレー帽がお似合いのオーナーさんがひとりできりもりされているようでした。
ときどきやさしい気遣いの声をかけてくれるので待ち時間も気にならず。

素敵な器で薫り高いコーヒーがいただけます。
バンビーノ

時を忘れて、くつろぎのひとときを過ごしました。

プロフィール

lifetime・・・

Author:lifetime・・・
一生もんshop緑々あおあお

店主blog
Facebook
twitter

****************************

〒802-0002
北九州市小倉北区京町4-4-17-1 地図
tel&fax 093-533-0533
http://www.ao-ao.net
open 10:30-18:30ごろ
火・第1水休

天然酵母パンの日

6/10(土)24(土)11時 ちまちま


有機野菜の日
※金曜日15時入荷(予定)

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する