無骨な味わい!ビレッジレザーバッグ入荷

朝晩、ちょっぴり涼しくなって、秋の気配が感じられるようになりましたね。
緑々にも秋を意識した商品、じわじわ入荷中。

今日はネパールからやって来た無骨な味わいが魅力の“ビレッジレザー”製品のご紹介です。

090830 (8)

こちらはバッグたち。
ビレッジレザーは、自然死した家畜(水牛、牛、山羊など)の革が使われています。色、厚さ、きめが異なるにもかかわらず、職人たちの巧みな技で的確になめされ、耐久性に優れた製品に仕上げられてゆきます。昔ながらの自然由来のタンニンでなめされた革の表面には、傷や汚れ、しわなどがそのまま残り、一つ一つ表情が異なっています。

中も素朴な味わいのまま。
090830 (10)


こちらはチベットバッグ(8,190yen)。
090830 (9)

ぽってりとしたバケツ型のかばんです。チベットの象徴でもある珊瑚石とターコイズ。それに見立てた赤とトルコブルーのビーズ(樹脂製)でチベット風の雰囲気に!素敵ですね~

ブックカバー(3,360yen)とペンケース(2,625yen)。プレゼントにも最適です!
090830 (11)

  ビレッジレザーバッグが作られている村は、首都カトマンズからバスで2時間。
  そこから徒歩で7~8時間ほどの山深いところにあります。点在する村に合計
  80家族程が住んでおり、皮革製品作りに携わっています。
  彼らはサーキと呼ばれる人々で、アンタッチャブル(不可触民。カースト制度の
  最下層)として差別され、貧困にあえいできました。彼らは皮なめしに精通して
  おり、伝統的な生活用品や装飾品、武器など様々なものを作り市場に送り出し
  てきました。しかし、時代とともにこうしたものへの需要がなくなり、伝統的な
  革づくりの風景は見られなくなってゆきました。職を失った職人たちは生活の
  糧を得るため、家を離れ、カトマンズやインドの都市に単純労働者として出稼ぎ
  に行き、村には老人子供女性ばかりが残されてゆき、地域社会は崩壊していき
  ました。そのような中、1980年代後半、イギリス人の有志によりNGOが設立され、
  バッグ作りのプロジェクトが始まり、そのことで、彼らは『バッグ作り』という新しい
  技術を身につけ、村に住みながら現金収入を得る道が開け、伝統技術の復活が
  将来への希望をもたらしています。
  昔ながらの方法で時間をかけて作られたバッグは、こうして私達のもとに届き、
  職人たちに新たな収入をもたらしています。 (シサム工房HPより)




遠いネパールを感じながら、使ってみてはいかがでしょうか。



手作り布ナプキン♪

おととい行われた、ちくちくワークショップ「タオルでつくる布ナプキン」のご報告です。

参加者は7名。布ナプ愛用者、初心者、未経験者などいろんな方が集まりました。

講師のハッピーバードさん。持参したタオルを切り取って、スナップナプキンとハンカチナプキンを一枚ずつ製作する方法をやさしくていねいに教えていただきました。
20090826 (25)

ちくちくしながら、それぞれの布ナプ生活の情報交換。
使い方、持ち歩き方、汚れの落とし方はじつに様々。役に立つ情報満載でした。
20090826 (36)

海外では日本ほど使い勝手の良いナプキンがなかったり、手に入れるのも難しかったりするので、
そんなときにはもってこい、と長期海外旅行を控えている参加者もいて、がんばって作っていました。
20090826 (42)

こちらが完成品。久しぶりの縫い物作品に大満足。
スナップ付け、ブランケットステッチなどなど、ひさびさのちくちくは、なかなか楽しいもんでした。
20090826 (51)

ハンカチーフナプキンはトイレに水没!の危険もあるので、気をつけよう!と最後にしめくくられてました。

手縫いはやはり愛着がわきますね~
ごみも激減するのがウレシイ♪使うのが楽しみです!


カンボジアナイト、無事終了♪

残暑厳しい夜となった昨日のao-aoナイト「知ってる?カンボジア」は、小学校3年生から69歳まで、たくさんの方が集まってくださり、さらに熱ーい夜になりました。

まずは、アマチュア写真家・亀田速人さんに、この春に訪れたカンボジアで撮った写真の解説をしていただきました。
20090820 (9)

写真歴は50年近く。日本全国、世界各地の被写体を求め、旅をされているとか。
カンボジアは2回目とのこと。今回はアンコールワットのあるシェムリアップを中心に回られたそうです。遺跡や湖上生活の様子、マーケット風景など、はじめてみる光景ばかり。臨場感あふれる写真をたくさん披露していただきました。
20090820 (13)

ほかにもT君とAさんが、昨年参加したカンボジア・スタディツアーでの体験DVDを見せてくれました。(画像なくてゴメンなさ~い!)
長く続いた内戦時の虐殺の様子や地雷で傷ついた人びとの映像の数々・・・内戦終了から十数年が経ち、復興中のカンボジアで、子供たちとたのしく触れ合う様子など、最新のカンボジア映像にみな興味津津。最近ではNGOの活動も盛んで、大学などでもスタディツアーがよく組まれているそうです。またゆっくりお話を伺う機会を作りたいな~


熱く熱く語り合い…宴は続く。
20090820 (16)


終電、間に合ったかな~みなさん、おつかれさまでした!


亀田さんの写真は緑々で今月末までお預かりする予定です。
すばらしい写真の数々、ぜひお手にとってご覧ください♪

9/9(水)ガリガリ絵はんこ教室のご案内

楽しかったなぁ、ガリガリ絵はんこ封蝋印作り

その楽しさを再び…と、あの「カキノジンさん」を緑々にお呼びしちゃいました。

緑々でははじめての開催なので今回は封蝋印ではなく、石の絵はんこ作りです。
お持ち頂くものは、2cm角内に自分の彫りたいものをデザインしたものと「彫る気」のみ。

ガリガリガリ・・・

自分だけのハンコをつくっちゃいましょう。

***********************
ガリガリ絵はんこ教室

講師 絵はんこ作家 カキノジンさん  (カキノジンさんのHP⇒click!

日時 9月9日(水) 昼の部13:00~16:00
             夜の部18:30~21:30

定員 各10名ぐらい。 要予約。

場所&お申し込み お電話またはメールにて。
    一生もんshop緑々あおあお 地図
    福岡県北九州市小倉北区京町4-4-17-1F
    tel:093-533-0533 mail info@ao-ao.net

受講料 3500yen 材料費込み

<宿題>2cm四方の枠内に自分の掘りたい図柄を描いて持ってきてください。


以上、絵はんこ作り…そしてカキノジンワールドをお楽しみに!

090808 (19)


ちくちくワークショップ「タオルでつくる布ナプキン」

緑々でも最近手にする方が多くなっている布ナプキン。
そんな布ナプキンを作ってみませんか。。。

**************************

ちくちくワークショップタオルでつくる布ナプキン

あたたかい・蒸れない・ゴミがでない、さらに
痛みが軽くなるなどの声も聞かれ、いいことづくめの布のナプキン。
そんな布ナプキンをおうちにあるタオルで作ってみませんか。
生理用だけでなく、痔・尿もれ用に使える布ナプキン。
ワークショップでは、一枚のタオルからスナップナプキン&ハンカチーフナプキンをつくります。
カットしてちくちく縫って、スナップつけて…と、作り方も簡単です。
手づくりをおしゃべりしながら楽しみましょ。

日 時:8月26日(水)13:00~15:00

参加費:1500円(お茶代込み)

定 員:8名。要予約。

講 師:手づくり小物作家 ハッピーバードさん (←ツックルさんのお一人です)

20090816 (2)


場所&お申込み:
一生もんshop緑々あおあおへ。お電話またはメールにて。
北九州市小倉北区京町4-4-17-1F  地図 
tel 093-533-0533 mail info@ao-ao.net

※W32cm×H75cm程のフェイスタオルをご持参ください。
 タオルは厚くないもの。新品より使い込んだものの方が吸収率が高くおすすめ。
 その他の材料はご用意します。
※託児はございませんが、お子様連れの場合はご相談ください。

8/20 ao-aoナイト「知ってる?カンボジア」

今月も、20日やります、ao-aoナイト。  前回の模様 click!

 ※ao-aoナイトとは…
  食事をしながら、一杯飲みながら、人やモノにまつわる話、
  旅した国の話、手作り、手仕事etc.いろんな出会いを楽しむ夜のことです。


今回は、アマチュア写真家・亀田速人さんが4月にカンボジアを旅されたときの写真を囲み、カンボジアの雰囲気を味わいながらの夜にしようかと思っています。

カンボジアというと内戦やポル・ポトの大虐殺で暗いイメージがありましたが、最近ではアンコールワットなどで観光も盛んになり、治安もさほど心配するほどではなくなっている様子。町や村での人びとの暮らしなど、最近の情報も聞かせていただけそうです。

いつもいろんな旅の話や食べ物の話が盛りだくさんのao-aoナイト。今回もカンボジアに限らず、話題は無制限です。

短い?夏を惜しみ、おいしい食事とおしゃべりで愉しい夜をすごしませんか。
皆さまのご参加をお待ちしています。

IMG_9077.jpg

CIMG4585.jpg


◎日 時 8月20日(木)19:00~ *途中参加もOK!
◎参加費 1,500円&一品持ち寄り(飲み物以外)お願いします。
◎定 員 満席になり次第。要予約。

*アルコールなどのお飲み物はご用意します。
*マイカップ・マイはし・マイ皿のご持参にご協力お願いします。
*おうちにキャンドルがある方はお持ちください。一緒に灯して楽しみましょう。



◎お申し込みはお電話&メール、または直接店頭にて。

【場所&お申し込み先】
一生もんshop緑々あおあお(北九州市小倉北区京町4-4-17-1F) 
tel 093-533-0533   info@ao-ao.net

フェアトレード&有機栽培の水出しコーヒーはいかがですか

こう暑くなるとやっぱり冷たいもの。

おいしいアイスコーヒーが飲みたい。。。

そんな時、手軽で簡単に作れる水出しコーヒーパックはいかがでしょう。


cafepack.jpg
「森のしずく」
原産国:ブラジル、メキシコ、30g×6袋、約3リットル分、920yen
土作りにこだわるブラジルと、樹木や果樹とともに栽培する森林農法によるメキシコの有機栽培豆を使用しています。

cafepack (1)
「簡単カフェパック」
原産国:ペルー、グアテマラ、40g×4袋、約2リットル分、735yen
ペルーのコチャパンパ協同組合、グアテマラのビスタ・エルサモサ農園で、自然の力を重視して栽培されたコーヒー豆を使用しています。


作り方は簡単。コーヒーパックを水につけて冷蔵庫で8時間ほどで完成。
低温で抽出するために渋味の原因のタンニンが少なく、後味が良いマイルドなアイスコーヒーが出来上がります。
090808 (11)


ついつい飲み過ぎ・・・夏バテにご注意を!

祝・梅雨明け! 山へ

ようやく梅雨明け。

喜び勇んで、山に登るぞ~、と早朝、福智山(900.6m)をめざし、登山口の鱒渕ダムまで行ってみたものの、先日の豪雨で通行止め。。。ざんねーん。

そこで八幡の皿倉山に急遽変更、引き返すことに。


皿倉山と並んで立つ権現山(618m)~皿倉山(622m)へゆっくり回りました。
自然の中で4時間。汗もたっぷりかき、気分もリフレッシュ。

しっとり濡れそぼる登山道、苔むした木々・・・森林浴を満喫。
20090805 (4)

20090805 (7)

洞海湾を見下ろす。霧で展望はいまいちでした。
20090805 (12)

おいしい空気と緑と鳥の声さえあれば、なんにもいらない。。。
次はどこへ行こうか。。。

chiqon(ちきゅうおん) Tシャツ、入荷しました

緑々に素敵な作品を置いてくれているツックルさんたち。
そのお一人、chiqonさんの手描き・手染めのTシャツが入荷しています。

いつもながらユニークなイラストばかり。

本のタイトルは「ちいさなマドと夕方の侍」…?
いったいどんなストーリー?
020_1.jpg

裏返すと…仲良く読書中だったとは~  (女性用L 4,515円)
200908 (2)

つぎはぎだらけが、これまたカワイイ・・・ (女性用M 4,515円)
200908.jpg

ほかにも数点あります。すべて一点もの。(注…サイズは作品によってまちまちです。)
必ずどこかにお楽しみがついていて、笑えます。。。頭が柔らかくなってくる気がします。


そんなchiqonさんが、この夏、個展を開かれるようです。
002_1.jpg


8/8(土)~18(火)「布の上どうぶつ園」 
country kitchen zakka 小屋にて  詳しくはこちらをclick



これは行ってみなくちゃ~

プロフィール

lifetime・・・

Author:lifetime・・・
一生もんshop緑々あおあお

店主blog
Facebook
twitter
instagram
****************************

〒802-0002
北九州市小倉北区京町4-4-17-1 地図
tel&fax 093-533-0533
http://www.ao-ao.net
open 10:30-18:30ごろ
火・第1水休

天然酵母パンの日

自家製酵母ちまちま
10/14(土)


有機野菜の日
※毎週金曜日15時入荷(予定)

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する