今年最後のブックレビュー

いよいよ2009年も終わりが近づきました。
新聞や雑誌でも今年の話題の本やベスト本などを目にするようになりましたね。

そこで、緑々でもそれぞれの今年の私の一冊を持ち寄って、ブックレビューの夕べを開きました。

20091227 (25)

話題に上った本たちは…

「さがしもの」(角田光代著)
「旅行者の朝食」(米原万里著)
「孤独について-生きるのが困難な人々へ」(中島義道著)
「スペインの宇宙食」(菊池成孔著)
「悪人」(吉田修一著)
「小公女」(フランシス・ホジソン・バーネット著)
「けものみち」(松本清張著)
「クラバート」(オトフリート・プロイスラー著、中村浩三訳)
「巨匠とマルガリータ」(ミハイル・ブルガーコフ著、水野忠夫訳)
「イン・ザ・ペニーアーケード」(スティーブン・ミルハウザー著、柴田元幸訳)
「羆撃ち」(久保俊治著)
「永遠のジャック&ベティ」(清水義範著)
「すぐそばの彼方」(白川一文著)
「ひょうたんから鯨」(加世田昭生著)
「日本辺境論」(内田樹著)


このお正月に読みたい本がたっくさんでました。


意気揚々と語る。かなり個人的趣味(?)に走っている方、も。
20091227 (15)


美味な手づくりケーキを持参して、意外な?特技を披露してくれたY嬢のおススメ本は「けものみち」。さすが北九州っ子。今年は生誕100年の松本清張を読みまくったそうです。
20091227 (7)


今年100冊以上読んだ、という話に驚嘆したり、なぜか○婚話を楽しく語る人いたりして、
よく飲み、よく食べ、よくしゃべった…。
20091227 (13)


来年もブックレビューの夕べはほぼ毎月開催の予定です。読んだ本を持ち寄る今までのやり方と並行し、課題図書も何冊か提示して、みんなで合評しあおうか、とも考えています。また、この夜、レビューをサイトで公開しよう、などという話も持ち上がりました。
いやいやどうなることやら、楽しみです。

課題図書は決まり次第、発表いたします。

来年も、みなさまと一緒に読書する日々を送れますように(祈)  

                                         緑々拝

アフリカ旋風

今年最後のao-aoナイト。
アフリカ色を味わっていただけるよう、カンガやティンガティンガアートで会場を彩ってみました。

次々と集まってくる人たち。ながい夜のはじまりはじまり。今回は国際色豊かになりましたよ~

こちらは南アフリカ人のセコとドイツ人のベン。 左は何人だったっけ?
20091220_035_1.jpg

ベンは2年半前から世界を放浪中のバックパッカー。衣装を見ての通り、カーペンターさんです。
1週間前、釜山から下関に着いたとか。それからなぜか緑々に。

問:なぜ今ここにいるの?
ベン:わかんない…!?

さてさて、まずは、sisodwa momoちゃんのアフリカの風だより。
20091220_021_1.jpg

タンザニア、ジンバブエ、南アフリカ・・・どんなルートで旅をしてどんな生活を送っていたか、2年間のアフリカ各国での放浪生活。お金がなくなったら、ウェイトレスをしたり、アクセサリーをつくって売ったり…生きるすべ、食べていくすべを学んだこと。アフリカは貧しい、政治も不安定、だけど、物はなくてもあるものでこころ豊かに暮らす人々、家族・親戚助け合って暮らす姿など、アフリカで垣間見た人々の暮し、体験は彼女の人生に大きな影響を与えた、とそんなお話だった、と思います。

実は、悲しいかなホストの自分は、この日集まった13人分の食べ物・飲み物を補充したり、写真を撮ったり、うろうろばたばた。ゆっくりとmomoちゃんの話に集中できなかった。。。そこで何人かにきいてみたところ…
いろいろ話した、よかった、楽しかった。。。ん?具体的な話は・・・?
そんなことはないですよね。きっとそれぞれの胸に残る話があったはず。いつかどこかでこの夜のことが大切な思い出となって甦るに違いないと思ってマス。



アフリカだよりが無事終わったところで、なんと!momoちゃんからセコとの結婚報告がありました。


そこで・・・


サプラ~イズ!結婚パーティに突入!
20091220_042_1.jpg

momoちゃんは、来年2月には南アフリカ、セコのもとに。
日本を離れちゃうのはさびしいけど・・・彼らとの短い日本での時間を大切にしたい。

お幸せに~♪
20091220_052_1.jpg

飲めや、歌えや、大騒ぎ…
20091220_086_1.jpg

20091220_072_1.jpg

踊る人…?
20091220_073_1.jpg

キャンドルナイトも楽しみました。
20091220_077_1.jpg

愉しき狂騒の夕べ。
みなさまの明日の力につながらんことを祈ってマス。

12/27 今年最後のブックレビュー・ナイト

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
●12/27(日)ao-aoナイト番外編「今年最後のブックレビュー」
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

忘年会だけでは懲りず、やらないと年が越せない…という声にお応えして、
今年最後のブックレビューの夕べを開催します。

今回のテーマは「わたしの今年の一冊」。本はできるだけご持参下さい。
レビューを聞くだけの参加ももちろんOKです。
いつものように飲みながら、食べながら、一年を総決算!

◎日 時 12月27日(日)18:30~ *途中参加もOK!
◎参加費 1,500円&一品持ち寄りお願いします。
◎定 員 満席になり次第。要予約。
◎お申し込み 一生もんshop緑々あおあお
       小倉北区京町4-4-17-1F
       tel:093-533-0533 mail info@ao-ao.net

*一品は飲み物・アルコール以外でお願いします。
*マイカップ・マイはし・マイ皿のご持参にご協力お願いします。






==========================
■緑々あおあおのX'mas&年末感謝セール
12/23(水)~27(日)アリサン オーガニック食品 15%オフ

期間中は、オーガニック食品メーカー、アリサン全品が15%引き。
クリスマス、年末年始をオーガニックの一品で彩ってみませんか。詳しくは⇒click!
                               


サンタさんがやってきた!

ツックルさんコーナーに、サンタさんが!   クサボン作。
20091217 (6)

chiqon作、くび巻きも2点入荷。いろんな表情が楽しめます。
20091217 (8)

頭に巻いてもカワイイです。
chiqonkubimaki.jpg

お得なオーナメントセットも入荷してます。どれも1点もの

クリスマスに、たった一つだけの作品、贈ってみませんか?




==========================
■緑々あおあおのX'mas&年末感謝セール
12/23(水)~27(日)アリサン オーガニック食品 15%オフ

期間中は、オーガニック食品メーカー、アリサン全品が15%引き。
クリスマス、年末年始をオーガニックの一品で彩ってみませんか。詳しくは⇒click!

手編みニットたちのご紹介

いよいよ本格的な寒さになりましたね。
そこで…ウールやアルパカのぬくぬくフェアトレード小物をご紹介します。


ネックウォーマー兼帽子もいろいろあります。革のパッチ付きがカワイイ。2,415yen~
20091218_010.jpg


見ているだけであったかくなる、ウール手編み靴下です! 2,100yen~
20091218_009.jpg

ベビーアルパカの帽子、ネックウォーマー、指だし手袋。
ベビーアルパカって、赤ちゃんのアルパカ?いえいえ、特に柔らかい首周りの塵毛のことです。
20091218_006.jpg

アルパカは海抜4千メートルを超えるアンデス高地で、温度差の激しさから身を守るために、非常に細かく長い繊維毛を持っています。その毛は弾力性、保湿性、染色性に富み、光沢があり柔らか。脂肪分があってすべすべしているために指先で伸ばしてほぐしやすく、羊毛に比べて紡ぎやすいといわれています。
頬ずりしたくなるここちよい肌触り、あったかいうえに水もはじく…アルパカはエライ!


ストール、ボレロ風、巻きスカート、ひざかけ・・・と自由自在に使えて便利なショールです。
わたくしも早々にゲット。今では外でも内でも手放せません!
20091218_007.jpg

一つ一つ手づくり。形や大きさが微妙にちがうのでぜひ試着をおすすめします。
身も心もあったかく…

12/20 ao-aoナイト「アフリカの風だより&忘年会」

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
●「アフリカの風だより&キャンドルナイト忘年会」
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

今年最後のao-aoナイトは、ゲストに、3か月の南アフリカ滞在から
帰国したばかりのmomoちゃん(sisodwa)を招いて、アフリカ体験レポ&
スライドショーを開くことになりました。

※ao-aoナイトとは…
 食事をしながら、飲みながら、人やモノにまつわる話、
 旅した国の話、手作り、手仕事etc.いろんな出会いを楽しむ夜のこと。

自然や人と触れ合うことが大好きというmomoちゃんと出会ったのは、
緑々オープンの日。絵を描くコト、ものをつくるコト、文字を書くコト、
旅をするコトがとても好きな彼女が旅した国は70カ国を超えるとか。
そんな彼女の「アフリカの風だより」。
いったいどんなお話になるのか、今から楽しみです。

この日は、冬至を前に、恒例の「でんきを消してスローな夜を…100万人の
キャンドルナイト」もみんなで楽しむ夕べにしようと思っています。

キャンドルの灯りの中、今年あったもろもろを語り合いませんか。
どなたでも参加OK!お待ちしています!

*自然素材雑貨sisodwa(momoちゃんのブログ)
http://sisodwa.blog22.fc2.com/

*100万人のキャンドルナイト公式HP
http://www.candle-night.org/jp/

◎日 時 12月20日(日)18:30~ *途中参加もOK!
◎参加費 1,500円&一品持ち寄りお願いします。
◎定 員 満席になり次第。要予約。
◎お申し込み 一生もんshop緑々あおあお
       小倉北区京町4-4-17-1F
       tel:093-533-0533 mail info@ao-ao.net

*キャンドルがある方はお持ち下さい。ご協力よろしくお願いします。
*一品は飲み物・アルコール以外でお願いします。
*マイカップ・マイはし・マイ皿のご持参にご協力お願いします。


momoちゃん発行、sisodowa新聞。シンプルな中、大事なことが散りばめられています。
20091003_001.jpg


12/23~27 X'mas&年末年始感謝セール! 

今年5月にオープン以来、たくさんの方々にご来店いただき、ありがたい限りでございます!

そんな気持ちを込めまして、はじめての感謝セールをお送りいたします。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
12/23~27 X'mas&年末年始感謝セール! 
アリサン オーガニック食品15%OFF
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

アリサンって?

・日本国内で製造が不可能だったり、困難だったりするもの
・生産者の健康を害さない方法でつくられたもの
・農家や生産者との顔の見える関係を大切にしたもの
・フェアトレードであること
・消費者が安心して食べられるベジタリアン食、オーガニックもしくは無添加のもの、
 珍しいエスニックのもの

といったこだわりの食材を取り扱う輸入メーカーです。

以下はアリサン代表のジョン・べリスさんの言葉から(抜粋)
「…現代では多くの人びとが、食に対していろいろな不安を持っていますが、少しずつ自分が食べたものが自分の感情や精神に大きな影響があることに気づき始めています。アリサンは人びとの食の不安を減らし、みなさまが理想とする食生活が実現できるようにより良い食品を提供してまいりたいと思っています。…」


全粒パスタなど
2009arisan (12)

レンズ豆、ひよこ豆、ムング豆…すべて有機
2009arisan (13)

ピーナッツを練り混ぜただけの濃厚ピーナッツバターは、一番人気!
2009arisan (4)

クルミ、カシューナッツ、レーズン…etc.ケーキ・お菓子作りにかかせませんねっ!
2009arisan (6)

サルサソースでディップパーティーなんぞいかが?
2009arisan (1)

砂糖・乳製品不使用。ベジタリアン仕様のスウィーツといえば「ララバー」
2009arisan (18)

クリスマスやお正月に一品でもオーガニックを取り入れてみませんか?


・・・

食卓を豊かにする食材は、いったいどんなところから送り出されているのだろうか、と昨年夏、
埼玉県日高市にある「アリサンオーガニックセンター」をおとずれました。

緑に包まれた川のほとり、まるでアメリカの農村にあるかのような納屋スタイルの建物が出現。
この日はちょうど年に一度の「アリサンマーケットデー」。地元の物産とたくさんの人であふれかえっていました。
200809 031_1


ショップとカフェ、イベントスペースがあって、語り合い、学び、楽しむ場所になっているようでした。
アリサンHP click!



クリスマス仕様になりました

緑々にもようやくクリスマスの気配。
200912 (10)

200912 (6)


誰もが気持ちよく暮らせることを目的に作られたフェアトレード雑貨たち。
クリスマスのギフトにいかがでしょう?
200912 (8)

ネパールの暮らしが垣間見える、2010カレンダー(ネパール製)1,260yen
200912 (12)

リャマ、山高帽、おさげ髪…アンデスの世界が味わえるシミアトゥグ・刺繍雑貨(エクアドル製) 
ポーチ 2,800yen 手帳 3,800yen
200912 (13)

使い込むほど味のある風合いになる山羊革のグッズたち
ブックカバー(インド製) 文庫本サイズ 1,050yen 新書本サイズ 1,260yen
200912 (14)


あったかい気持ち、伝えてみませんか。

地域雑誌「谷根千」

谷根千のことをもうちょっと知りたくなって調べてみると。。。

谷中・根津・千駄木エリア、すなわち谷根千エリアは、今なお東京の下町としての風情を残す、歴史と情緒が溢れる地域。谷中にある谷中霊園は、15代将軍の徳川慶喜や、日本画で有名な横山大観など、多くの著名人が眠っていることでも知られていて、幸田露伴の小説『五重塔』のモデルとなった五重塔跡があるそうです。
また、根津には、根津神社。その社殿のいくつかは国の重要文化財に指定され、近代文学の作品中にもしばしば登場。
千駄木には、川端康成、北原白秋、高村光太郎、夏目漱石、森鴎外など、多くの文人が住んだ歴史があり、漱石は『吾輩は猫である』をこの地で執筆したそうです。

誰もが耳にしたことがある歴史と文化をもち、また文学の薫り高き界隈なのでした。

そんな谷根千エリアの情報がたっぷり味わえるのが地域雑誌「谷根千」です。
とある方のご推薦で、このたび買って読んでみたら、これが面白いっ!

200922yanesen (2)


主な内容は、ここに住み、時代とともに暮らし、生き抜いてきた方たちの聞き書きが中心。みなさん、特別な人じゃないんです。

掲載されている広告なんて、いわゆる統一されたデザイン広告ではなく、お店によってみなバラバラ、手描きもたくさん。
なんと読者広告なるページがあり、私的なメッセージが随所にみられます。
200922yanesen (3)


あちこちに手描きの書き込みがあって、手づくり感いっぱい。
200922yanesen (9)

こんな地域雑誌が、あったなんて。

25年続き地域の方に愛されていたこの雑誌も、いかなる理由かわかりませんが、この夏発行された93号で終刊したそうです。が、その後、94号も発行。“ホントは無かった幻号”とあります。

気になる方は緑々で。

谷根千ネット click!





札幌、そして谷根千さんぽ 二

札幌の帰り、休みを利用して東京へ立ち寄り、一箱古本市の発祥の地、「不忍ブックストリート」をさんぽしてきました。

不忍ブックストリートとは…
 東京の東側、文京区と台東区にまたがる、谷中、根津、千駄木界隈は「本と散歩が似合う街」。個性的な新刊書店、古書店、図書館、喫茶店やカフェ、雑貨店やギャラリーなどでにぎわう辺りは、「不忍ブックストリート」と呼ばれています。数年前、ここから誰でも古本屋さんになれるという「一箱古本市」が発祥し、いまでは全国に広がっています。

谷中、根津、千駄木を結ぶ谷根千界隈は、昔の風情が残る街、ぐらいの知識でした。不忍ブックストリートのことを知ったのは、先月、出店した京町銀天街の一箱古本市「とほほん市」でのこと。
その時、お世話になったN氏に案内していただき、ゆっくり歩いてみました。

0912yanesen_009.jpg

行きかう人とお店の人の会話が聞こえたり、ご近所さんが立ち止まって世間話したり、人もいっぱい、笑顔もいっぱい。私が育った街にも昔はあったこの光景。
0912yanesen_014.jpg

おばちゃ~ん
0912yanesen_007.jpg

猫も子供も路地裏から飛び出してくる街。椅子ぐらい、道からはみ出てもOKな街
0912yanesen_013.jpg

北九州でも昔はあちこちで見かけただろう飲み屋街。健在。
0912yanesen_019.jpg

不忍ブックストリート、一箱古本市での活動拠点の一つである「古書ほうろう」は残念ながら店休日。ここはもう一つの拠点「往来堂書店」。選書も並べ方も一味違う。。。ここでは、この夏残念ながら、廃刊になった地元の人に愛されていた地域雑誌「谷根千」を購入。
0912yanesen_005.jpg

ブックカフェも
0912yanesen_006.jpg


なつかしい、いごこちのよいあったかい空間をたっぷり味わった後、浅草へ足を延ばしN氏おすすめの牛煮込み「正ちゃん」へ。お昼抜きのため、空腹で写真忘れてしまいました。
その後、名物駒形どぜう、並木の藪蕎麦へも。

はじめてのどぜう。煮込むと美味しいよ~
0912yanesen_023.jpg

厚さ一センチはあろうかと思われる鴨! ネギ、つくね最高。ざるそばも旨かった・・・って食べ過ぎ!
0912yanesen_026.jpg

思わぬグルメ旅となりました。また連れてって~


「一箱古本市の歩き方」は出版されたばかり。本好き、古本好きは必見です!
一箱古本市の歩きかた (光文社新書)一箱古本市の歩きかた (光文社新書)
(2009/11/17)
南陀楼綾繁

商品詳細を見る


札幌、そして谷根千さんぽ 一

先月末、フェアトレード&コミュニティトレード「第3世界ショップ」の母体であるプレスオルターナティブグループ(PAグループ)のお誘いを受け、札幌へ出張してきました。

参加させていただいた会議のテーマは「地域での取り組みで新たな雇用創出に取り組もう」というもの。
元会計検査院局長の有川博日大教授の基調講演のほか、PAグループが今まで全国で展開してきた事例をもとにした分科会も開かれ、いかにして雇用を生み、ゆたかな社会を作るか、「新たなる公共」についてみんなで考えるという2日間でした。

今、世間をにぎわせている事業仕分け。その意義や問題点、税金が使われるしくみ、事業の見直しによって今後何がどう変わるのか…などについても意見が交わされ、興味深い内容になっていました。

私は島根県の旅館「吉田屋」を拠点に、若者たちが“農”を基本に取り組む事例についての分科会に参加。とにかく若い人たちが元気いっぱいに発表する姿に圧倒されっぱなし。知識より経験、有言実行…ああ、耳が痛い。

大いに盛り上がった懇親会の様子。
0912sapporo_008.jpg


今後にも注目のPAグループの活動です。


数年ぶりの札幌。

あんまりゆっくり時間はなかったのですが、終了後、フェアトレード雑貨&レストラン「みんたる」へ。この会議で知り合った大阪のフェアトレードショップ「あいね」の店主の原さんと一緒に訪れました。

0912sapporo_022.jpg


「みんたる」は、7月に緑々でワークショップを開いてくれたムビラ・ミュージシャンのクマさんが全国キャラバンの際に、毎年ワークショップを行っているところ。クマさんから、楽しい場所、魅力的な店主のみかよんさん、と聞いていたところ。たしかに、そのとおり!確認しました!みかよんさんのあったかい気さくなお人柄がたっぷりと味わえる場所でした。


ネパールのめちゃうまダル・カレー。ビールはかかせない!
0912sapporo_028.jpg

0912sapporo_025.jpg
右から、みかよんさん、原さん、たまたまお店に来られたアイヌ・アート・プロジェクトの結城さん、私。

みかよんさんからは、ここに至るまでの軌跡や3年前から地元札幌で開かれているフェアトレードフェスタの話など、興味深いお話を聞いちゃったりして、勉強になりました。


札幌が近く感じる、そんな場所です。

つづく

わいわい、ワークショップ2つ

先週は2日続けてワークショップを開催しました。

まずは、ツックル郵便局員のおふたり、かねこりょうこ&takapeintの「とびだすカード教室」。
笑顔は絶えず。。。
0911WS_001.jpg

0911WS_003.jpg
飛び出す仕組みって???
局員たちの飛び出すカードは14日まで展示販売していますので、気になる方は手に取ってみて!

そしてハッピーバードさんの「ニットカフェ」
0911WS_002.jpg
実際、おしゃべりしている時間のほうが長いっ!!!


ブックカフェao-aoは手紙カフェでもあり、ニットカフェでもあります。

ワンドリンクオーダーしていただければいつでも手紙を書いたり、編み物したりOK!
世界のお飲物と一緒にお待ちしています。
プロフィール

lifetime・・・

Author:lifetime・・・
一生もんshop緑々あおあお

店主blog
Facebook
twitter
instagram
****************************

〒802-0002
北九州市小倉北区京町4-4-17-1 地図
tel&fax 093-533-0533
http://www.ao-ao.net
open 10:30-18:30ごろ
火・第1水休

天然酵母パンの日

自家製酵母ちまちま
10/14(土)


有機野菜の日
※毎週金曜日15時入荷(予定)

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する