「フードハートパーティー」~フェアトレードと大豆レボリューション~

またまた赤村スローカフェ「クリキンディ」のイベントへ参加してきました。
今日は「フードハートパーティー」~フェアトレードと大豆レボリューション~、です。

まずは、渡邉尚さん(トージバ代表)と藤岡亜美さん(スローウォーターカフェ)のお話から。

渡邊さんたちが取り組んでいる「大豆レボリューション」とは・・・

味噌、しょう油、豆腐、納豆などなど、大豆は日本の食文化の中で外すことのできない作物。
でも国産大豆の自給率は5%!(2005年調べ)
にもかかわらず国産と銘打った食品の多いことよ。。。
遺伝仕組み換えや添加物を使ってまかなわれている大豆製品の多いことよ。。。

渡邊さんは、そんな現状を憂いたり嘆いたりするんじゃなく、
庭や休耕地などで自分達で大豆を撒いて育ててしまおう、
そして自分で作った味噌や納豆を食べようぜ~
という、なんとも前向きな取り組みについて語ってくれました。(詳しくはHPをクリック)

お話を聞いてると、
そうだよね~、なんだか楽しそう・・・、じゃやってみるか~
って気になってしまうから不思議です。

トージバとは“湯治場”が由来。
老若男女が集まって時には語り合い、時には生活を共にする、そんな昔ながらの
湯治場が姿を消す中、いろんな人が集まる小さなコミュニティを作って楽しくやろう、
という思いでこの名前になったようです。

その渡邉さんのパートナーの亜美さんは、南米エクアドルの女性たちとの食品、
雑貨のフェアトレードに取り組んでいる素敵な女性です。
エクアドルの森の中で、農薬や化学肥料を使わず、生態系を生かしながら、
多様な作物を育てる農法(森林農法)に取り組む様子やそこで自然と共生して
暮らす人々、手仕事をする女性達の様子をスライドと共に熱く語ってくれました。


おふたりのお話の後は、赤村に暮して農的生活を送っている
後藤さん(ゆっくり村チーフ)とみやこ町で有機農業を営まれている農家さんが
加わってのトークライブ。

参加者から活発な質問も飛び交って、食と農の話題で盛り上がりました。
食と農は切り離せない、私たちにとって日々、身近な話題になっています。
でもストイックにならないで。。。ちゃんと向き合って、みんあでつながりあって、
ゆっくりと楽しくやれば少しずつ問題は解決していくかな~
と希望のもてる気がしてきました。


どちらも、一年間ビンの中に放置した人参です。
大豆レボリューション
左は市販の人参。どろどろに溶けてる。でもなぜか無臭。
右は無農薬有機栽培の人参。形がまだ残っています。酸っぱい、発酵臭。

手づくり納豆
有機大豆と市販の納豆菌を使った手づくり納豆もいただきました。
30度(コタツの中など)のところに一晩置いておくだけで簡単にできるそう。
もちろんおいしい♪

そして今日もクリキンディの丹精込めた手づくりの自然食をいただきました。
豆腐の味噌漬けあり、テンペの揚げ物あり、大豆づくしで満腹に。
おなかも胸もいっぱいになりました。
大豆レボリューション


おまけ画像。
この水筒とサイザル麻の水筒ホルダー(スローウォーターカフェ)は
わたしの一番のお気に入り。亜美さんにも語ってしまいました。
水筒

Trackback

Trackback URL
http://lifetime1118.blog105.fc2.com/tb.php/66-662ee21f

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

lifetime・・・

Author:lifetime・・・
一生もんshop緑々あおあお

店主blog
Facebook
twitter
instagram
****************************

〒802-0002
北九州市小倉北区京町4-4-17-1 地図
tel&fax 093-533-0533
http://www.ao-ao.net
open 10:30-18:30ごろ
火・第1水休

天然酵母パンの日

自家製酵母ちまちま
10/14(土)


有機野菜の日
※毎週金曜日15時入荷(予定)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する