フェアトレードシンポジウムが開かれました!

2/7(火)、フェアトレードシンポジウムが開かれました!

なんとタイトルは、「北九州でフェアトレードを普及させるには」。
日ごろ、自分が直面している課題そのまま。

待ちに待った日!

まずはシンポジウムの前に、
今回の主催、北九州市立大学大平先生率いるフェアトレード団体、
Etica(エチカ)さんを訪問。

20170207シンポジウム北九大 (3)

本館の地下に設けられたコーナー。
かわいい馬車にフェアトレード商品がいっぱい。
緑々にない商品も!
学生さんが頑張ってましたよ~


登壇者のおひとり京都のシサム工房の人見さん♪
20170207シンポジウム北九大 (2)

当日のプログラムです。

******************************
【第1部】
「日本と世界のフェアトレードの現状」15:00〜16:30

【ゲスト】
渡辺龍也氏(東京経済大学教授)
土井ゆきこ氏(「名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会」代表)
人見友子氏(「シサム工房」副代表)
宮下緑氏(「一生もんshop緑々」店主)

【第2部】
ディスカッション「地方におけるフェアトレード普及方法」16:40〜18:00
司会:北九州市立大学外国語学部(フェアトレード普及団体「Etica」代表)大平 剛
******************************

第一部「日本とフェアトレードの現状」、一人20分程度での発表からです。

まずはアカデミックな視点。東京経済大学の渡辺龍也先生からは、
フェアトレードの認知度や国別一人当たりの購入額など、
普段知りえないデータを解説していただきました。
こういった数字は普段の活動の足りない点や問題点を
客観的に見るためにも大切。
不勉強の自分には貴重なお話でした。
先生のフェアトレード関係のご著書は、必ず読ませて
いただこうと思っています。

20170207watanabe.jpg

2番目にご登場は、2009年に「名古屋をフェアトレードにする会」を
立ち上げた土井ゆきこさん。
1994年に愛知県総合女性センターにオープンしたフェアトレードショップ
「風❞sふ~ず」代表でもあります。
長きにわたって、フェアトレードの活動に取り組み、2014年に名古屋を
日本で2番目のフェアトレードタウンに導いた方。
認定を得るまでの市民・行政・企業への働きかけは想像もつきません。
笑顔が素敵でハートのあたたかな大先輩でした。

3番目は、生産者と私たち小売り店・消費者をつなぐ
卸団体の立場で登壇された京都のシサム工房副代表の人見さん。

自分も京都での展示会で、年に2回はお会いしている方です。
シサムさんは、フェアトレードに取り組んで今年で18年。
ネパールやインドといった国々の生産者たちとシサム(=よき隣人)な
関係を結び、共にさまざまな困難を乗り越え、工夫を施し、
熱心にフェアトレード商品開発に取り組んでいます。
フェアトレードを広めるため、「フェアトレード川柳」といった
ユニークな活動紹介もありました。
代表の水野さん、副代表の人見さん率いるシサムさんのチームワークの
すばらしさも伝わるお話でした。

お三方、どなたも明るい表情が印象的。

20170207シンポジウム北九大 (4)

そしてラスト、ショップ経営者の立場として、自分もお話をさせていただきました。
自己紹介を兼ね、自分自身がフェアトレードと出会い、
途上国の文化的、歴史的背景を知ることの面白さを知ることとなった
環境啓発施設(北九州市エコライフプラザ)での経験や、
この8年間、フェアトレードの魅力を味わっていただこうと緑々で展開している
様々な取り組みのこと、課題、常々心がけていること、
お客様と接していて感じることなどとりとめもなく。
北九州にフェアトレードを根付かせるにはまずは北九州市を知らねば…
などと思ったりしていることなども。

大平先生にお声をかけていただいたおかげで、自分自身のこの十数年を
振り返ったり、これからの課題を考える貴重な時間をいただきました。
ありがたし。

20170207シンポジウム北九大 (7)

2部では、大平先生がひそかに夢に抱いているフェアトレード大学、フェアトレードタウンに
関してのディスカッション。
話題の中心は、やはり北九州でどうしたらフェアトレードの輪が広がるか。

左が大平剛先生。
20170207シンポジウム北九大 (6)

昨年秋、オープンしたばかりのEticaの学生さんから
「どうすればフェアトレード商品を買ってもらえるのか?」
という質問が飛び出しましたが・・・。
フェアトレードはどうすれば広がるのか、伝わるのか、売れるのか、
これはどの立場の方も常々抱いている課題、解決は一緒に考えるしかないですね~

参加者は5、60名ほど。その大半は、フェアトレードに関心を持つ学生さんたち
(大分の立命館アジア太平洋大学のFTSN九州の学生さんも)でしたが、
それ以外にもフェアトレード活動している団体や仕事でかかわったりされている方、、
国際協力に取り組む方、フェアトレードファンの方といった社会人の方も来られていて、
終了後も会場でのあちこちで、フェアトレードがつなぐ人の輪が生まれていました。
世代を超え、立場を超えた交流も生まれた様子。
画期的なシンポジウムだったんじゃないかなぁと思われました。


内容充実の配布資料。勉強しなきゃ。。。
20170207資料


シンポ終了後、場所を移動して関係者で開かれた懇親会では、
夜遅くまでフェアトレード談義。
研究者、卸、ショップ経営、学生・・・
立場が違えば、いろんな話題が出てくる出てくる。
北九州のフェアトレードがこれからどういう広がりを見せるのか、
期待せずにいられない一日に。

うれしかったせいもあり、夜遅くまで人見さんを連れ回してしまった 笑

20170207シンポジウム北九大 1

そして、お疲れにもかかわらずゲストの皆さんが緑々に翌日、
立ち寄ってくださいました。
引き続き、フェアトレード談義。時間がいくらあっても足りません!

20170207シンポジウム北九大 (8)

とにかく熱い人見さんと。

20170207シンポジウム北九大 (9)

シサムさんとは、緑々オープン当初からのお付き合い、
年々進化を遂げているシサムさんのフェアトレード商品は、
緑々でもたくさんの方の支持を得ています。
いつか、北九州にお呼びして、シサムさんの活動をたくさんの方に
知ってもらいたい、と常々思っていたのですが、
シンポジウムのおかげで、念願がかないました。


大先輩・土井さん、2009年の冬、札幌の研修会でお会いして以来の再会。
あたたかな笑顔にも励まされました!

20170207シンポジウム北九大 (10)



西日本新聞2/9付 朝刊にシンポジウムの模様が掲載されました。
20170207シンポジウム北九大

たくさんの出会いをいただいたシンポジウム。
大平先生、ゲストの皆さま、ほんとうにお疲れ様でした。
さあ、これからです。

さっそく昨日、5月のフェアトレード月間に向けての
イベントミーティングを開きました。
Eticaさんにも協力していただき、楽しいイベントにしたいなぁ
と思っています。

手探りは変わりませんが、引き続き、フェアトレード、
緑々をよろしくお願いします!

Trackback

Trackback URL
http://lifetime1118.blog105.fc2.com/tb.php/980-3f44dadf

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

lifetime・・・

Author:lifetime・・・
一生もんshop緑々あおあお

店主blog
Facebook
twitter
instagram
****************************

〒802-0002
北九州市小倉北区京町4-4-17-1 地図
tel&fax 093-533-0533
http://www.ao-ao.net
open 10:30-18:30ごろ
火・第1水休

天然酵母パンの日

自家製酵母ちまちま
10/14(土)


有機野菜の日
※毎週金曜日15時入荷(予定)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する