映画「ポバティー・インク」上映会、無事に終了!

昨日、映画「ポバティー・インク」上映会+小さな座談会、
無事に終了いたしました。
平日のお忙しい中にも関わらずご来場いただいた皆さま、
ありがとうございました。

20170224poverty (3)

映画は、終始インタビュー、インタビューで構成されており、
膨大な情報量でしたが、91分間釘付けになりました。

なかなか表に出てこない政府機関やNGO、企業、セレブたちが
繰り広げる「貧困産業」の実態が浮き彫りに。
音楽で寄付を大々的に呼びかけるあのボノの活動についてや
一見素晴らしい仕組みのように見える社会起業家のビジネスは、
途上国をどう変え、途上国のリーダーにどう受け止められていたのか、
「まるで自分たちに自立してほしくないようだ」「援助ではなく自立を」と
訴える途上国のリーダーや起業家たちの訴えなど、初めて耳にすることばかり。
とても衝撃的な内容でした。

この映画のテーマ、寄付や援助について考える貴重な
時間となったかと思います。2回、3回と見てもまだまだ
理解は難しい点もあり、自分も機会あればまた観てみたいと思っています。
エンドクレジットの最後に大切なメッセージが流れます。
ぜひ明るくなるまで席をお立ちにならないように。

映画終了後の座談会にもたくさんの方が残ってくださいました。

20170224poverty (4)

座談会ゲストのグアテマラ、マヤの人びとと商品づくりをしている
iloitooの高崎さんから、「グアテマラというと貧困のイメージを
抱く方が多いと思うが、自分たちと同じように普通に楽しそうに
暮らしている、メディアなどによるイメージの植え付けは怖い」
というまさに生の声がありました。

20170224poverty (5)


フェアトレード試食会の牛嶋さんも、昨年の熊本地震を経験した例を挙げ、
「なによりの復興支援はは援助より、地元の振興を考えた支援だったのでは…」と
日本も海外も同じ視点で支援に取り組むという想像力をもとう、と発言されました。

参加された方からも「こういう映画は地上波でバンバン流すべきだよ~」
「子供の貧困など、自分たちをとりまくさまざまな貧困がある。
援助に取り組むときは、その先に何が隠れているのか想像力を持って
取り組もう」
など、活発なご感想いただきました。

すべてが終わってからの懇親会にも会社員、大学教員、学生…
さまざまな立場の方にご参加いただき、映画の感想や、寄付や援助について
日頃思っていることなど、飲んで食べて、忌憚ない意見交換の場になりました。

映画を観て緑々も、イロイトーさんたちのようにつくり手と対等な
パートナーシップを築き、モノづくりをする活動や途上国の自立を
促すビジネスである「フェアトレード」の重要性を十分に実感。
これからもたくさんの素敵なフェアトレード商品をみなさまに
ご紹介したい、と強く思ったのでした。

20170224poverty (2)


今回、一緒に企画したフェアトレード試食会のお二人と十分な
打ち合わせ時間も取れないまま当日を迎え、行き届かない点を
フォローしてくださったクリームの村上さん、
またもお世話になりました。ありがとうございました!

フェアトレード試食会のポンちゃん、ウシコさん、iloitooマリちゃん、
最善を尽くしてくれてありがとう。
次回の企画もよろしくお願いします!

機会あれば、この「ポバティー・インク」をもっと多くの方に
ご鑑賞いただきたいと思います。

Trackback

Trackback URL
http://lifetime1118.blog105.fc2.com/tb.php/984-ff120dfc

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

lifetime・・・

Author:lifetime・・・
一生もんshop緑々あおあお

店主blog
Facebook
twitter

****************************

〒802-0002
北九州市小倉北区京町4-4-17-1 地図
tel&fax 093-533-0533
http://www.ao-ao.net
open 10:30-18:30ごろ
火・第1水休

天然酵母パンの日

6/10(土)24(土)11時 ちまちま


有機野菜の日
※金曜日15時入荷(予定)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する